注目キーワード
  1. お取り寄せ
  2. グルメ
  3. スイーツ

Oisixの鍋の頒布会(全8回)1回目は「満腹にんにくオリーブ鍋」〆はクリームパスタがおススメ!

以前も何度かOisix(オイシックス)の鍋セットは単品でお取り寄せしたことがあったのですが、ラインナップを見ると面白いのがたくさんあったので連続で8回セットをオーダーしてみました。ちなみに今回の第1回目の「満腹にんにくオリーブ鍋」だけは単品でお取り寄せすることができて、あとわたしは8回コースですが半分の4回のコースもあります。

【追記】私は2018年秋より8回コースで申し込みましたが、現在は、6ラインナップ、単品購入可に変更になっています。お値段も選んだお鍋によってそれぞれ違います。私が購入した当時のまま記事を残させていただいていますが、お取り寄せする際にはリンク先の「Oisix(オイシックス)鍋の頒布会」で最新の情報をご確認の上ご利用ください。

 今回ご紹介のお取り寄せ  [keikou]Oisix(オイシックス)/鍋の頒布会[/keikou] \残りわずか!/
icon 詳細・お取り寄せはこちら

広告

そもそもOisix(オイシックス)とは

「Oisix(オイシックス)」は有機野菜や安全安心食材のお取り寄せができるショップで、毎週決まったセットをお取り寄せできる「定期食材サービス」が基本。ですが必ず毎週買わなけれなならないというわけではなく、例えば我が家は基本セットをセットしておいて「今週は外出が多いからパス!」とか「今週はしっかり家で食べたいから追加でこれとこれ」とか、また普段の食材と有名店のお取り寄せも一緒にできたりするので、定期食材お取り寄せ+美味しいものお取り寄せという感じでいいところ取りのところを気に入っていてもう10年くらいお世話になっています。

お値段は普段の近所のスーパーや市場と比べると高めですが黙って食卓に出しても「これOisix(オイシックス)?」っていわれるほど高品質で味もよく、シンプルな調理でも素材の美味しさが手助けしてくれるので「蒸すだけ」「焼くだけ」などが最高のご馳走になったりします。材料全部入りのセットもあったり変わった食材も多く、わたし的には数ある定期食材サービスの中では「楽しくてワクワクする」お店です。

お鍋の頒布会がお取り寄せできるのはOisix(オイシックス)産直おとりよせ市場

Oisix(オイシックス)の会員になると先に書いた通常の定期食材サービスとは別に単品で全国の旬の食材や美味しいものを定期ボックスの注文の有無に関係なくお取り寄せできます。旬の果物や海鮮など種類もカテゴリも豊富です。販売期間が「旬」に合わせたものが多いので「お!」と思った時が買い時ですよ。

お鍋の頒布会とは

そんなOisix(オイシックス)の産直おとりよせ市場の中で人気なのが今回ご紹介する「鍋の頒布会」昨年12000個も売れたというすごいシリーズです。変わったちょとおしゃれなお鍋セットで野菜もセットで届きます。3、4人分のセットで、野菜は多め、鍋の素も2回分入っていますので家族で一回で使っても我が家のように2回楽しんだり、野菜も余ったらほかのお料理に使ったり盛りだくさんです。Oisix(オイシックス)でしか買えない鍋シリーズです。

全て野菜も具材もOisix(オイシックス)厳選の野菜やお肉なので、Oisix(オイシックス)普段から利用している方には「いつもの野菜」だし、初めての方は「Oisix(オイシックス)の野菜はこんな味なんだなー」って楽しめるのでおすすめです。

 今回ご紹介のお取り寄せ  [keikou]Oisix(オイシックス)/鍋の頒布会[/keikou] \残りわずか!/
icon 詳細・お取り寄せはこちら

お鍋の頒布会全8回。1回目「満腹にんにくオリーブなべ」


前置きが長くなってしまいましたが、第一回目の満腹にんにくオリーブ鍋のレポートをお送りしたいと思います。
お鍋なんて全部入れて…ではなく、お洒落なお鍋ですからレシピもしっかり読んで写真映えも美しいお鍋に仕上げましょう♩
下準備もレシピ通りにすれば失敗なしです。使う量はお鍋の大きさや人数に合わせて増減してくださいね。


キャベツはざく切りに。

ジャガイモはレンジにかけておきます。わたしは皮ごとしましたが気になる方は皮をむいてくださいね。


かぶらもわたしは皮ごとこちらもお好みで。レンジは短めの方がおススメです。


パプリカは半分に切って細切りに。


バジルとトマトは洗って、トマトはヘタを取るだけ。


お肉は、我が家も大好きな、館ヶ森高原豚。バラ肉ともも肉。400グラム!美味しいから思う存分食べたい!ということで全部!

煮えにくいものから重ねていきます。


ここまで準備ができたらいざ!鍋にしていきますよ。鍋の素は一袋が基本です。二袋入っていますが途中スープが減ってきたら追加でお湯に溶かしてとレシピにありますが。我が家は二回楽しみたいので追加は無しで。味も濃い目なので最後のパスタまで足すことはなかったです。もう一回楽しめるのでラッキーです。


豚肉も乗せて。煮えてきたなとおもったら食べる直前にバジルとトマトを。


小分けになったオリーブオイルは、このタイミングで入れればまろやかに、あとで取り分けた後にかければフレッシュなオリーブオイルの香りを楽しめます。今回はこの時点で入れました。

にんにくの香りとバジルの爽快な香りがたまらない!


口に入れるとかぶらやジャガイモの甘さにバジルの爽快さ、そしてにんにくの刺激がたまりません!

実は前も確かOisix(オイシックス)のオリーブオイルとにんにくの入ったお鍋を確かその時は単品で購入したことがあるのですが、その時も美味しいとは思いましたが味が濃くて濃厚だった気がします。それと比べるとあっさりしていてスープまで飲み干してしまいそう!そうそう、トマトにはちょっとだけ注意を。、丸ごといれてるのでかなり熱いです。火傷します。でも切って入れるとスープが濁るし…ということで特にお子様などはご注意を。

〆は、生タリアッテレを入れてアレンジもしました。


お鍋に欠かせない〆もお鍋セットの中に入っているのはありがたいですよね。ご飯はおうちにあってもなかなか生パスタがあることは少ないと思います。「生タリアテレ」2食分入っています。お腹の空き具合に合わせてひとつでもふたつでも。我が家は二ついれました♩ちなみに「タリアテレ(タリアッテレ)」とは平たくてイタリア北部ではタリアテッレ(Tagliatelle, タッリャテッレ、タッギャテッレ)ですが同じイタリアでも中南部ではフェットゥチーネと呼ぶそうです。その方が割と「あ!あれだ!よくクリームソースと合わせてるやつ!」なんてピンと来る方が多いかもしれませんね。


パスタをさっと固めに茹でて入れるだけでも美味しいと思いますが、味を変えたいなと思い、我が家では、牛乳を少し足して、チーズも入れました。具材は和風のお鍋だと〆のお楽しみはほぼ食べきりで入れた方がいいですがお好みですが具材はある程度残しておいた方がご馳走感が増していいと思いますよ。バジルも少し残しておいてもいいと思います。Oisix(オイシックス)の野菜の旨味を全部取り込んだスープを使って作る贅沢なクリーム系のパスタの出来上がりです。

なかなか家では作ろうとは思わない素材とお鍋なので後の7回も楽しみすぎる!

基本「お鍋」なので色々アレンジすれば楽しく自由にと思っていてもなかなか毎回同じような和ベースのお鍋になりがち。たまにはこんな洋風のオシャレなお鍋はいかがでしょう?Oisix(オイシックス)の安心素材だけで完成する「買い足し不要」なお鍋セット。何回か楽しめると思ったらこのお値段は全然ありです!何より楽しいし、美味しいし、ご覧のように見た目も華やかです。

ちなみに今回は「満腹にんにくオリーブ鍋」でしたがラインナップはこんな感じ。

楽しみ!ほんと楽しみ!アボカドをお鍋に入れちゃうの?フスム鍋って?
ちなみに「4回コースは」Aコース、Bコースがあってそれぞれ違う4つのお鍋メニューなのでお好きな方をえらべます。でもわたしは食べたいお鍋が二つのコースに別れてたので8回コースを申し込んでいます。

8回コースが一番お得です。お支払いはその都度です。

全8回は35,240円と「お!」と思うお値段ですが、これは合計金額で4回コースと比べると[keikou]2400円のお得[/keikou]。
1回あたり4980円(送料込み)なので3人から4人でお鍋を食べに行くことを考えたら随分とお手軽だし何より全面的に信頼しているOisix(オイシックス)の食材だから家族にも安心して食べてもらえるのがいいなと思います。お支払いはその1回ずつのお届け(基本2週間に一度ですが、各界のお届け日も選べたり年末年始なども挟むと1〜4週間の違いがあるそう)ごとの請求なので安心です。2回目以降のお鍋もレポートしていきますね!
毎年大人気のお鍋コースです。気になった方はお早めに!

【追記】私は2018年秋より8回コースで申し込みましたが、現在は6ラインナップ、単品購入可に変更になっています。お値段も選んだお鍋によってそれぞれ違います。私が購入した当時のまま記事を残させていただいていますが、お取り寄せする際にはリンク先の「Oisix(オイシックス)鍋の頒布会」で最新の情報をご確認の上ご利用ください。

 今回ご紹介のお取り寄せ  [keikou]Oisix(オイシックス)/鍋の頒布会[/keikou] \残りわずか!/
icon 詳細・お取り寄せはこちら

広告
Instagramやってます。

全体はこちら \Follow Me/

カフェ・旅・ヨリミチはこちら \Follow Me/

最新情報をチェックしよう!