館ヶ森高原豚のジューシーメンチカツ(胸はれるDeliシリーズ)/おいしっくす(オイシックス/Oisix)

Oisix(おいしっくす)館ヶ森高原豚のジューシーメンチカツ(胸はれるDeliシリーズ)

■館ヶ森高原豚100%のジューシーメンチカツ

パッケージ
豊かな旨味とジューシーさでOisixでも人気の高い、「館ヶ森高原豚」を100%使用しました。ジューシーさ、旨味をそのまま味わえるよう、館ヶ森高原豚の挽肉に、切り落とし肉を混ぜ仕上げました。このように肉塊を入れることにより、衣の中に旨味のジュースがたっぷり出ると同時に、肉の食感を味わうことができるのです。

■旨味、柔らかさ、安心な「館ヶ森高原豚」100%使用
「館ヶ森高原豚」の挽肉に手切りの粗挽き切り落とし肉を加えました。館ヶ森高原豚は、動物性飼料を与えず、さつまいも・タピオカ・小麦などを中心にハーブを加えた飼料で育てられています。(遺伝子組替とうもろこしは使用していません。)そのため臭みがなく、まろやかなコクがあるのが特徴です。あらかじめソテーしたタマネギに天然粗塩で味付けし、味が全体になじむように、そして肉の食感を損なわないように、混ぜる時間は最小限に抑え、手ごねをしています。パン粉は、「白神こだま酵母」をじっくり発酵・熟成させたこだわりパン粉100%。イーストフードは使用していません。パン粉付けは純粋な生卵だけで行いました。

感想 size:25*13
Oisix(おいしっくす)さんのなかでも人気の胸はれるDeliシリーズですが、Oisix(おいしっくす)じゃがいもと焼塩のなめらかコロッケについでお取り寄せ第2弾です。
スーパーのお惣菜はなんだか手抜きの罪悪感もあるのですが、デパ地下のお惣菜だと→おいしいものというイメージがありますが、そんな自信をもって「今日はおいしっくすのメンチカツなんだよ」と「我が家のメンチカツの味」とは別の土俵で出せるお気に入りのシリーズです。
で今回のOisix(おいしっくす)館ヶ森高原豚のジューシーメンチカツ(胸はれるDeliシリーズ)はどうだったかといいますと・・・・

ご覧いただけるでしょうか?この肉汁・・。結果から言いますとすごーく美味しかったです。大きさは、60gとそんなに大きくはないのですが、ころもがついた状態まで仕上がっているので後は上手に揚げるだけ。
つかる程度の油で十分揚げられます。(ただし温度が下がりやすいので一個ずつ様子をみて入れてくださいね)
温度が下がったりすると、パンクしたり、あがりすぎると焦げたり、足りないと中がジュワーッとならなかったりするのですがうまく揚げられました。

家で作るメンチカツ(ミンチカツって呼ぶ派なんですけれど)やふつうに売っているメンチカツって中のお肉ってもっと濃い色なんですけれど、Oisix(おいしっくす)さんのメンチカツはご覧のように薄いキレイな色をしていました。

ころもは少し濃い香ばしいくらいが好きなので長めに揚げたのですが。中はこんなに肉汁が。カメラを構えている間にだいぶん肉汁が戻ってしまったのですが、割った瞬間は下にこぼれるほどでした。
さくさくの衣が美味しく中のお肉はジューシーでした。どっちの料理ショーなどでもお馴染みの館ヶ森高原豚などOisix(おいしっくす)さんの厳選素材をつかってできたメンチカツ。醤油やソースをいきなりかけないで一個はそのまま何もつけずに頂いたのですが。十分美味しい。

あっさりとしたシンプルな味なのにお肉の臭みが感じられないし。でもしっかりお肉の味がして、ミンチ状のお肉の中に入ったときどきゴロッとした、お肉のかたまり(粗挽き切り落とし肉だそうです)がさらに美味しいです。
その後、醤油。ポン酢。ソースといろいろ試しましたが、おすすめはポン酢かな?せっかくの素材の味なのでさっぱりした物をつけるのがよさそうです。

ただ、、これ少しお値段的には普段ガンガン食べるにはちょっと高いような気がします。
我が家は二人暮しで昔ほどお肉がつん!はなくなったので6個入りのこのパックで十分なのですが、育ち盛りくんがいらっしゃるおうちなんかは少し物足りないかな?と思いました。
一個の大きさは、大人が3口くらいで食べられる感じかな?よくあるコロッケの大きさの一回り小さいくらいでした。

でもとにかく気に入りました。お惣菜の揚げ物は便利だけれど、油の質もきになるし(買って来たのってもたれませんか?)家で揚げたい私(エコナ愛用です)
ふたり分のためにこねて。。。揚げての作業を考えればこの味、私はリピートします!ゴチソウサマデシタ。お弁当にもいいサイズでした。

広告