弓削牧場の牛乳「そうそう!牛乳ってこんな味だった!」しぼりたての牛乳の味。

六甲 弓削牧場の牛乳
濃い牛乳・低脂肪・無脂肪にお腹がごろごろしない・とびっきりカフェラテに合うように作った特濃とかいろいろな美味しい牛乳があります。私もお料理やシーンに合わせて使い分けをする方ですが、その中でも懐かしい思い出が一気によみがえった牛乳をご紹介します♪

神戸にある弓削牧場の牛乳。

神戸の牧場といえば六甲山牧場が有名ですが、こちらは小さな観光用ではない牧場です。その弓削牧場の牛乳です。
低温殺菌(63℃) 30分間殺菌 )ノンホモゲナイズ(脂肪球を細かくしない状態)というしぼりたてに近い状態で瓶に入っています。瓶に入っているというだけで懐かしく特別な気分になります。
我が家も子供のころは、郵便受けの隣に牛乳配達の人が入れてくれる箱があり、それがなくなった後は、知り合いの方がまとめて取り寄せてくれて冷蔵庫を開ければ瓶の牛乳がありました。
紙パックの牛乳を買うようになったのはずいぶん後だった気がします。
六甲 弓削牧場の牛乳

昔子供の頃「ちょっとだけだよ」といわれて飲ませてもらった牛乳の味

瓶に書かれている3人の子供の達のイラストが何ともいえなくて、弓削牧場のチーズなどのパッケージにもこの子たちが描かれているので思わずつられて笑顔になってしまいます。

私・・実は牛乳一気飲みじゃないと飲めない子供でした。牛乳味。ミルク味。練乳味が大好きな私ですがどうしても冷たい牛乳を瓶から直接飲むのが・・。
小学校の給食のときは、最後に一気飲みでした。うちは「3角食べ」というルールが給食にあって。メイン おかず 牛乳をくるくると順番にということだったんですが、どうもいったん口を付けた牛乳の香りがどうしても苦手で、いつも一気飲みか残してしまっていました。(寒い冬は試練でした・・)一般に大量に出回っている牛乳は今はいろいろありますが子供のころは、超高温殺菌でタンパク質が過熱されてあの匂いがでやすくなるみたいですね。たぶん牛乳が苦手な方って同じような理由じゃないかなあ?と。

でも牧場の牛乳ってたぶん殺菌の温度のせいかな?と思うのですが、牛乳臭さがないですよね。
弓削牧場の牛乳ももちろん。ゴクゴク。途中でやめてもむしろ・・ゆっくり味わいたい味です。
本物の牛乳の味。スッキリとした口当たりなのにほんのり甘く・・・・

もうどこの牧場なんだかそこがどこだったのかさえ記憶にないのですが、子供の頃、栗拾いに行ったことがあってそこの近くに牛舎があって、その場で「本物の牛乳のませてやろう。でもちょっとだけやで」と飲ませてもらったことがあってその時「あれ?濃いけれど牛乳のにおいがしない!」と思った記憶があります。
余談ですがその日。初めて生の栗を食べて「梨みたい・・・」(取ったその日少量なら食べれます。でもリスクもあるのでおすすめはしません、昔の話ですよー)と感動したので
私の中では生乳の驚きと生栗の味はセットで記憶にあります。
六甲 弓削牧場の牛乳
搾乳してからすぐはあっさりと、2.3日たつとコクがでて変化が楽しめる本物の牛乳です。上の方は濃くなるのでそのままコーヒーミルクとしても。
でも私はやっぱり、そのまま飲んでほしいなーと個人的には思います。もしくはほんのり温めて・・・。(あくまでほんのり)
牧場に行かないと飲めなかったあの味が牧場からお取り寄せできるなんて本当に恵まれた時代になったなあと思います。
*弓削牧場は個人の牧場をレストランとして解放されている牧場です。お弁当を広げたり・・は禁止されているのでご注意を。

広告
六甲 弓削牧場の牛乳