マダム・シンコのマダムブリュレ

少し前のことですが、長蛇の列に並んで、並んで並んで・・・・買ってきたのがこれ。
マダム・シンコのマダムブリュレ。
マダム・シンコは、大阪発(箕面)のバウムクーヘンの有名なお店です。
バウムクーヘンと悩んだんですが、2つは買えないので、じゃー、両方味わえるこっちにしようと、マダム・ブリュレにしました。

マダム・シンコのいいところの一つがこのパッケージですね。
ハデハデです。

中・・ヒョウ柄です。HPによるとパッケージは同じハデハデでも3種類あるそうですよ。

マダム・ブリュレは、バウムクーヘンの上にたっぷりのカラメルがしみ込み加減が絶秒に乗っかっています。こんなにたっぷりで、甘い?とおもいきや、バウムクーヘンのほんわかした甘さを邪魔しない苦味も強いカラメルでした。

このしみ込み加減。このたっぷりのカラメルわかるでしょうか?メープルシロップをたっぷりしみ込ませた後に、赤いお砂糖をまぶしキャラメリゼしてあります。
半分解凍しても、全部解凍した状態で冷たいままでも、常温でも、そしてレンジで少し温めてもどれもそれぞれ好みが分かれるくらい個性が違いました。上の写真は、解凍して冷蔵庫でしっかり冷やしたもの。

しっとりしたバウムクーヘンが卵の香りがふわっとして、その上のキャラメルが表面はパリパリしてて、ブリュレだ!!!とちょっと感動?。ふつーにクリームブリュレやキャラメリゼされてプリンを食べても

もっとカラメル?。足りないよ。

もっとキャラメリゼして?。

と思うこともたびたびあるくらい、なんですが、これは、満足♪
食感はバウムクーヘン+キャラメリゼですが口の中で「ブリュレ」でした。

こっちは、あっためたもの。
上のキャラメリゼされて固まっていたのがソースのようにとろーん。こっちは、バウムがふっかふかになって、あったかくて、卵がより強く感じて幸せな感じになりましたよ。

できたてのあったかいプリンみたいなかんじです。おうちプリンはあったかいまま食べる方が好きなのでこれもいいかも。給食でうちの学校は、でっかいボールにクラス1組分を一気に蒸したものすごい大きなプリンがあったかいまま出てたんですが(時々はそれが冷えてた。)それを開けた時のふわあっと広がってた香りを思い出しました。クラスには、「冷たくないプリンなんてへん」とか「あのプリンが苦手だったんだよね」という声も後で聞いてたので、あったかいプリンの香りは好き嫌いがあるかもしれませんが、

たぶん・・・・卵たっぷりでこれでもかというくらい卵液に仕上げたフレンチトーストが好きな方ならきっとこっちも美味しいなと思うんじゃないかな?ただ。キャラメリゼのカリカリはなくなり、ソースになっちゃいます。全冷凍も食べましたが、それは乾燥したアイス?っぽい感じで面白いんですが私は、冷たいのが一番カリカリ&しっとりで好みでした。是非色々試してみて好きな食べ方を発見するのも面白いかなともいます。次はオードドックスなバウムクーヘンお取り寄せしてみたいと思います。

現在このマダム・シンコのマダムブリュレもバウムも、人気で3カ月待ちだそうです。今日またテレビで放送されるみたいなのでさらにのびるかもしれませんね。
また、マダム・ブリュレは冷凍便、バウムは冷蔵便で発送は一緒にはできないようなのでご注意を。


:お取り寄せできるのはココ:
マダムシンコオンラインショップ

広告