麹専門店千年こうじや「甘麹カレー」甘さの後にやってくるスパイシーさが魅力のレトルトカレー

皆様のおうちにもきっとあるレトルトカレー。
今は本当に種類も豊富で個性的なレトルトカレーが多いですよね。
お気に入りのレトルトカレーはありますか?

わざわざお取り寄せしたいレトルトカレーをご紹介したいと思います。
いろんなレトルトカレーが今はあって、いろんなレトルトカレーを食べ比べている方にぜひこれも試していただきたいとおもうのが、麹専門店「千年こうじや」の甘麹カレーです。優しい甘さの「甘麹」をカレーに使うレシピはたくさんありますが、さすが麹専門店の作るカレーは、甘さと大人の満足できる複雑なスパイスや素材の味が楽しめる2段階で味の変化が楽しめるカレーでした。
これならきっとレトルトカレーを食卓に出すのがちょっぴり後ろめたいお料理上手な方もきっと満足していただけると思います。ぜひぜひ!お試しを。

麹専門店千年こうじや「甘麹カレー」甘さの後にやってくるスパイシーさが魅力のレトルトカレー

我が家にもレトルトカレーは、割とあって、備蓄のためだったり、忙しい毎日の強力な助っ人だったりと大活躍のレトルトカレー。
でも・・私が子供のころはレトルトカレーは、キャンプだったり、学校のお泊り会で好きなのを一人ひとつもっていったり、母がいないときのご飯だったり、味うんぬんよりも「レトルトカレー=手抜き・お手軽・簡単」なんていうそんなイメージでした。

でも今はほんといろんなレトルトカレーがあって、特に日本各地に各地の名物や名産を使ったレトルトカレーが人気ですよね。
今日ご紹介するのも、新潟県魚沼市に本店がある麹専門店「千年こうじや」のもの。お米の産地ならではの麹専門店がつくる「甘麹カレー」です。

甘麹とは、お米と麹を糖化させたもので、優しい甘さが特徴で「甘酒のもと」のようなものです。いつのまにか定着した「塩こうじ」がお塩の代わりに使うのに対して甘麹はお砂糖やみりんの代わりとして使う方が今増えていてレシピなども検索するとたくさんでてきます。私も冷凍庫に1本ありますよ。

その甘麹と新潟のぶなしめじが入ったポークカレーがこの「甘麹カレー」です。

レトルトカレーといってもぶなしめじと豚肉の存在もしっかり感じられるボリュームです。
色は少し赤みを帯びた感じです。

一口目は甘口カレーのような甘さが一瞬口の中に広がるのに、そのあとからどんどんスパイシーさがおっかっけてくる2段階で美味しいカレーです。
これが甘麹なんですね。

原材料をみると、甘麹だけじゃなくて、ヨーグルトやトマトペーストなどなど・・そして塩麹もはいっています。
初めて塩麹をお肉につけて焼いたとき、「なんでこんなコクがあってまろやかで深いんだろう、塩の代わりになるけど塩とも全然違う!」と感動しましたが、甘麹カレーにも入っていると知って納得です。
このカレーは、わざわざお取り寄せする価値があるとおもいました。

ぜひ一度お試しください♪