酢ムリエさんのいるオークスハートのフルーツビネガー(高島屋)

酢ムリエ お酢 フルーツビネガー オークスハート

飲むお酢がカラダにいいとブーム?の火付け役になったのは、やっぱりココ、オークスハートのデザートビネガーだと思います
私の記憶の中で小学生の頃、冷蔵庫にはいつもどなたかの作られたフルーツ味のお酢があって牛乳と混ぜて飲んでいたのですが、それが何のフルーツだったのか、なぜあったのかいまやもう記憶の彼方ですが・・・。
牛乳に混ぜて飲むとヨーグルトのようになるというのは、意外な飲み方だけれど、昔から実はあったんですよね。

私はお店で買うことが多いのですが。季節によって様々なビネガーがそろい。いくたびに新しい発見がありたのしいです。お店ができた頃は、いまやテレビでもおなじみのなんともいえない口調と笑顔の、酢ムリエ No.0001内堀光康さんが確かいらっしゃったような気がします。
こちら、随時酢ムリエさんがいらっしゃるようなのですが、とにかく。。丁寧な対応で、みんな、内堀 光康さんの影響を受けているのか、お酢を愛する方はあんなふうにさわやかに、物腰が柔らかくなるのかわかりませんが。ステキな方が多いです。

デザートビネガー以外にも、お料理に使えるビネガーや、同じデザートビネガーでもお水で割るだけでなく。お湯でわったり、牛乳に混ぜたり・・・いろんな説明をしてくださって・・今回私が選んだのは。

飲む苺の酢
苺の果汁を発酵させて作る苺の酢の持つフルーティな香りとフレッシュ感のあるさわ
やかな酸味は、特に牛乳割りがおすすめです。
酢の苦手なお子様にも人気の高いデザートビネガーです。
飲むアプリコット&オレンジの酢
アプリコット(杏)とオレンジをそれぞれ酢に発酵し、ブレンドすることによりすっきりとしたクセのない酸味と温かみのある味となりました。
紅茶感覚で楽しむお湯割りがおすすめです。
飲むフルーツ金柑の酢伊予柑(いい予感)入り
金柑を発酵させて作ったデザートビネガーに伊予柑(いい予感)をブレンドしました。
「健康で新年をお迎えになり、良いお年になりますよう祈りを込めて醸造いたしました」

オークスハート ビネガー フルーツビネガー 酢ムリエ

この3種類をセレクトしました。

エコの気持ちから考えるとルール違反ですが・・・ワインのようなステキな瓶につい・・ギフト用に包んでもらいました。本当にワインの瓶のようですね。
これならギフト用にも使えるし、目上の方にも失礼にはならない安心ですよね。
今度ギフト用に購入しようと思います。

ひとつずつのレビューはまた飲んだときにしますが。3つとも。水割り。牛乳割りそれぞれ試飲させていただいて決めました。
飲む苺の酢は。同ブランドのお店東京駅の中にできた「expre-su
Tokyo」クリスマスに発売された、いちごのクリスマ酢よりも苺の香りが強くて特に牛乳に混ぜると苺ヨーグルトそのものでした。
アイスクリームにかけたり、いろいろ使えるお酢です。
男性の方のなかには「お酢」ときくだけで嫌がる方も多いと思うのですがこれは、ほんとうにフルーティなので飲みやすくておすすめです。

広告