八天堂の春限定、プレミアムフローズンクリームパン 桜づくし

ふわふわとろとろのクリームパンで有名な八天堂。
いまや、エキナカでも買えるところがあったりとだんだんじわじわと広がって「手に入らないクリームパン」から「手土産の定番」になりつつあるんじゃないかなと最近思っています。今や日本国内だけじゃなくて、韓国、台湾、フィリピンと広がりを見せているそう。
八天堂自体は、広島の老舗のクリームパン屋さんで最初食べた時の「クリームパン?スイーツ?こんなクリームパン初めて!」と感動した衝撃は今もそのままさらに進化を遂げて、地域限定の味やクリームパンを進化させたスイーツなど目が離せません。
そんな八天堂のオンラインショップでお取り寄せできる季節限定春の桜味のプレミアムフローズンクリームパン「桜づくし」をお取り寄せしたのでご紹介しますね。

八天堂「プレミアムフローズンくりーむパンさくらづくし」


専用のロゴのダンボール

その中にパッケージ

パンフレット入り

 

八天堂のクリームパンは、「プレミアムフローズンクリームパン」になったんですね。
店頭で買うのは、冷蔵状態です。
持ち帰るので家について食べるときにはそのまま状態で食べますが、
お取り寄せできる「プレミアムフローズンクリームパン」は好きな感じの解凍具合で食べられるのがうれしいですよね。

「雪どけリッチ製法」何だろうと思っていたら、クリームパンを冷凍するときの「氷の粒」を小さくして冷凍による劣化を抑えたり、解凍して食べた時に「究極のなめらか食感」になるように、生地のしっとり感やクリームの風味、なめらかな舌ざわりを考えられているんだそうですよ。

このおかげで全国でもし店舗が近くになくても、家にいながら八天堂のこのスイーツパンを食べることができるのですね。
だから・・せっかく氷の粒を小さくしてまで冷凍の劣化を防いだ状態で冷凍されて届くのですから、届いたらすぐ食べきれない分はそのまま冷凍庫へ。
間違っても再冷凍はおすすめしませんよー。

冷蔵庫でゆっくり24時間かけて解凍すると全解凍になるので、半分解凍とか好きな状態で食べてみるのもおススメです。

春らしい優しいピンクのロゴの入った限定パッケージがかわいいです。
今は5月です。桜系の限定ものって4月早々で終わるものや遅くても5月には終わってしまっているものも残念ながら多いのですが、八天堂の桜味のクリームパンは今も販売中です。期間限定ですのでいつかは終わってしまいますが、気になった方はお早めにどうぞ!!!

全解凍するとこんな感じです、上に桜の塩漬けがのっています。
シワのよったかんじが、どれだけ生地が柔らかいのか想像つきますよね。

割ってみるとこんな感じで、パン、カスタードクリーム、桜餡。
塩漬けが口に入ると甘じょっぱい感じがして、和と洋の組み合わせがとてもあっていて、桜餅のあの「桜」が好きな方はきっとはまる味です。
「春だなあ」と嬉しくなる味でした。
そしてそれ以上にびっくりしたのが口当たり。
八天堂のクリームパンは、そのパンが
もそもそ感ゼロ、パンなんだけどパンじゃないようなスポンジでもなくやっぱりパンかな?
クリームと一体化して、果てしなくスイーツに近い、でもスイーツじゃないクリームパンです。
それは今までも体験済みでそこがお気に入りでよく食べていますが、桜餡まで同じなめらか食感で驚きました。
写真でご覧のように、パン+クリーム+桜餡なんですが。
口の中に入れると全部ほぼ同じ食感で、それぞれが仲良しな感じがしました。

これだけ全国に展開しているのにいまだ一日4万個を手作業で作っている八天堂のクリームパン。
味ももちろん、口当たりまで、ここまで「なめらか」にこだわるのすごいなと思いました。

期間限定の桜は6個セット同じ味のパッケージかもしくは、
「くりーむパンさくら×6、あまおう苺×3、メロンパンストロベリー×3」の季節限定セットでお取り寄せができます。
今しか食べられない八天堂の味です。
八天堂ファンの方はもちろんですが、あっという間に過ぎ去っていく春を寂しいなと思っている方!
まだ春気分を楽しめますよ。

広告