バレンタインチョコレート9個目 ベルギー マルク・ドゥバイヨル間違いなく本命チョコ

2011-02-08_00-01-29.jpg

バレンタインデー第9弾にしてようやく本気というか本命チョコです。旦那さんへ。
今までのは?と笑われそうですがもちろん、今までのも旦那さんへがほとんどですが私も食べたいもの。見た目のかわいいものを多く手に取っていたのですが。
これは本当に旦那さんへ送りたいと思ったものです。

DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)はベルギーにあるお店で、MOF(フランス最優秀職人=国家認定資格)をもってらっしゃり、世界数々のコンクールでも賞を獲得し、世界屈指のパティシエ、マルク・ドゥバイヨル氏のチョコレートというかショコラです。
ベルギーのお店から直輸入されています。

自分の足で現地に行き最高級の原材料を探すこだわりをお持ちの方のようです。その中でも2011年限定でバレンタインに出されたのがコレ。Gastines~ガスティーヌ~。

箱は赤と白の本当にきれいでかわいい箱。
なかはパッションフルーツとビターのガナッシュの2種類です。

東京駅の近くに2店舗お店があってオアゾの方はカフェも併設されているのだそうですよ。
今度行ってみようと思います!レポするので待っててくださいね!

2011-02-08_00-05-02.jpg

旦那さんは、思わず「うまあああ!コレ一番好き!」と声を上げていましたよ。心の中で思わずガッツポーズ!

どちらかというとシンプルイズベストな旦那さん、ミルクチョコレートよりブラックチョコレートやビターをこよなく愛する旦那さんゆえビターのほうが好みみたいでしたが。

私は(旦那さんへといいつつやっぱり私も食べる・・)パッションフルーツにびっくり!ほんとにパッションフルーツでした!フレッシュなそのもの。すごく酸味があってミルクの甘いチョコと本当にあう~。いやあ・・・コレ、大きいの買ってこればよかったと思ったほど。

お店の方に聞きましたが、毎年バレンタインシリーズもそうですが箱の柄が変わって箱のコレクションをされる方もいるのだそう。そりゃあ・・・こんなきれいなの私ももちろん保存します!

特にこれが本命チョコだといって渡したわけでもなく。山積みにしてあったチョコレートの箱のなかから旦那さんは選んで食べてただけなんだけれどちゃんとわかってくれて、その旦那さんの味覚もちゃんとわかってた私に何だかうれしい♪気持ちでいっぱい。普段からたくさんのものを口にして「お取り寄せ生活研究家」としてお仕事をさせてもらっていますが、それでもこんな風に誰かにプレゼントするのはドキドキするし。美味しいって思ってくれるかな?とハラハラしたり。もしかしたらあっちの方がよかったかも?とか思ったりするのも女心だったりします。

それにコレ、随分前に買っていたのにちゃんと14日食べてくれたんですよね。わ・・・それ食べるんだ。次それ食べちゃうんだ。どうかなー。ってそわそわ・・。笑
ちゃんと伝わってすごくうれしかったです!ほんとうれしい。ガッツポーズ満載でした。

どんなに友チョコや自分チョコが増えても、こんな気持ちを同じように昨日14日は感じた世の女性がたくさんいたんだろうな。そしてその一人になれてよかったよかった!

というわけで私の旦那さんへの本命チョコは「ベルギー マルク・ドゥバイヨル氏のDEBAILLEUL Gastines~ガスティーヌ~」でした。
タブレットなどはお手軽な価格なので普段でも食べられそうなので今度食べたいと思います。

お取り寄せはこちら⇒楽天市場>DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)

お取り寄せはこちら⇒高島屋オンラインストア>DEBAILLEUL(ドゥバイヨル)

 

広告