シャンパントリュフをホワイトデーに 鎌倉レザンジュ【LESANGES】のシャンパントリュフ

バレンタインデーも無事に終わり、最近のバレンタインデーは、友チョコが多く、学生さんなどは、何十個も交換するのだとか、でも今日テレビでそんな世の中でも「彼にしかバレンタインデーにチョコをあげない女の子」なんていう女の子がいて隣の彼がとてもにこやかにしていたのが印象的でした。友チョコでも、お世話になりましたチョコでも、とにかく「好き」な気持ちを伝えるステキな一日になりましたでしょうか?

ご紹介するのは、私が今年の本命チョコに早めにダンナさんに渡して、食べたときの感想をみて「父にもこれにしよう!」ともう一度お取り寄せしたのが、鎌倉レザンジュ【LESANGES】のシャンパントリュフ!
昨年の「獺祭ショコラ 獺祭×ショコラティエ パレ ド オール ここ数か月で私何度も購入して何度もプレゼントしてます。」に続いての今年もお酒チョコ。
私も食べましたがこれは・・・ほんとバレンタインデーじゃなくてもホワイトデーもきっと女性も気に入ってもらえるはず、ほわーんとした香りがとても心地いいトリュフでした。
私、もう味知ってるけどホワイトデーにコレほしいです。いくつも重なってもいいのでいただきたいです。笑
お酒が入っていますがお酒の飲めないだんなさんも、お酒好きの父も両方ともすごく気に入ってもらえたのでおすすめです。

鎌倉レザンジュ【LESANGES】のシャンパントリュフ

パッケージは一番上のような白と赤のラッピング。
中身はこれは6個セットですが、こんな感じにお行儀よく一つ一つが並んでいます。

中身は白いフィリングで、口の中に入れると溶けてしまいます。
シャンパントリュフの「シャンパン」ですがこれは、高級シャンパン”キュベ・ドン・ペリニヨン”で有名なフランスのモエ・エ・シャンドン社のマールというお酒を使っています。

マールって?ブランデーのこと

「マールとは、シャンパンを造った後の葡萄の搾り滓を再醗酵後、蒸留、樽熟成させて造るオード・ヴィの一種、いわゆるブランデーです。ドンペリの搾り滓で造るマール、それが”マール・ド・シャンパーニュ”です。」だそうです。
ブランデー!というと大人の香りはいいけれど、なんだか敷居の高いお酒というイメージがありますが、こちらは発泡性のなくなったシャンパンそのものの香りでアルコールの香りはほとんどないそうです。そして純粋にシャンパンの香りを楽しめるもの。
シャンパンをそのままチョコレートに合わせても発泡性は消え、香りも長続きしないそうでシャンパンよりもシャンパンの香りが楽しめるようにマールを合わせているそうです。

香りを楽しみ続けるために食べ続けたい、そんなシャンパントリュフ

女性も好きなこのふわっとかおる感じが私はとても気に入りました。
もともと私がアロマとか香りがとても好きであるせいか、「香りを楽しみ続けるために食べ続けたい・・・」そんな風に思ってしまうほど繊細で柔らかく癒される香りでした。
バレンタインデー、ホワイトデーに関係なく私お店の前を通ったらふらふらーっとドアを開けてしまうと思います。
近くに住んでいるのになぜ今年までこれを手にしなかったんだろうと思うくらいお気に入りです。

子供のころから、子供くせに、粕汁とか日本酒の香りとか、お酒の香りがほんとに好きで、ウイスキーや日本酒を開けると父に寄ってって香りだけかいでいた私です。その頃は、お酒を使ったチョコレートって、じゃりじゃりとしたお砂糖にくるまれた濃厚で甘いウイスキーボンボンくらいしか・・・そんな私にとっては、大人になっても、お酒が弱くてもお酒の香りを堪能できるスイーツがどんどん出てくる今、楽しみでうれしくて仕方がありません。また、これは!というのに出会ったらご紹介させてください♪

お取り寄せだと、どんなふうに届くか不安な方もいると思うので届いたときの写真も。
こんな感じで、しっかりと、でも変な梱包材とかじゃないのでご安心くくださいね。
私は手渡し用の紙袋も一緒に入れてもらいましたが手渡しじゃないなら必要ないのでそのへんはご利用のシーンに合わせてどうぞ。