エスト・ローヤル@神戸中華街・南京町 シュー・ア・ラ・クレーム私の中でベスト1シュークリーム。

s-2007-05-21_22-31-24

エスト・ローヤルのシュー・ア・ラ・グラッセとは

人気NO.1のおいしさです! エスト・ローヤルは1988年、神戸・南京町にオープン。
神戸・南京町で、歩きながらでも食べられるフランス菓子を、と考えたシェフが、フランスパン用の窯でシュー皮を焼き、ミルフィーユ用のクレーム・サントノーレを詰めたのが大好評となり、シュークリームの行列店となりました。
今回の「シュー・ア・ラ・グラッセ」はそんなシュークリームの人気店.最高級のバニラビーンズをたっぷり使用したクレーム・パティスエール(カスタードクリーム)を、アーモンドダイスとシュクルグレイン(あられ糖)を使用して焼き上げたシュー皮で包みました。

エストローヤルのシュークリームが一番好きです。

s-2007-05-21_21-22-11

初めてエストローヤルのシュークリームを食べたときは、もう子供の頃と大昔?なのですが。それ以来このエストローヤルを超えるシュークリームにはまだ出会えていません。しっかり焼かれた皮と、中に詰まったたっぷりのクリーム。

s-2007-05-21_21-19-11

このクリームが、バニラビーンズと牛乳と卵の味しかしない、余計なものの味がしないクリームです。
神戸の中華街に突如現れたケーキ屋さんですが、わざわざこのシュークリームを買いにバスに揺られ出かけたこともあります。

横浜中華街に比べると規模は小さい神戸の南京町の中華街ですが、食べ歩きをする人の数は相当だとおもいます。
何でもくしに差せば食べ歩きができる中華街ですが。このシュー・ア・ラ・クレーム(シュークリーム)も長蛇の列に並び買い。広場でほおばる人や歩きながら食べる人をたくさん見かけます。わたしも広場でかぶりついたことがあります。神戸を離れて、お取り寄せできないかな・・・とずっと思っていましたが数年前そういう声にこたえて、エストローヤルのシュー・ア・ラ・クレームは。冷凍することでシュー・ア・ラ・グラッセと名前をかえて全国で食べられるようになりました。
コレを知った時は本当にうれしかったです。

ギフトも可能なパッケージ

前にも書きましたが。お取り寄せスイーツで何が悲しいかというと、時々ある輸送中のトラブルでせっかくのスイーツが台無しになること。その点安心してお取り寄せできるのがベルメゾンです。今まで一度もトラブルにあったことはありません。完璧な梱包です。
エストローヤルのシュー・ア・ラ・グラッセもこんなふうに。一つ一つ丁寧に袋にはいり、さらにドーム型のケースにはいり。それがごろごろ動かないようにしっかり仕切りで固定された状態で届きます。
ですので。ご自宅のお取り寄せはもちろん。ギフトにも利用しても安心することができますよ。

シュー・ア・ラ・グラッセは、全解凍でも半解等でも美味しい!

エストローヤルのシュー・ア・ラ・グラッセ(シュークリーム)は、ビニールを外して冷蔵庫か室温で解凍すれば、簡単に失敗することなく外側のぱりっとした部分もたのしめます。ビニールを外さず解凍するとちょっと皮がしなっとなってしまいます。それはそれで美味しいんですけれど。

また。半解凍や、解凍前でも、シューアイスのように美味しく食べれます。普通、解凍してちょうどいいクリームって凍った状態だと味が薄くなりがちですが、エストローヤルならしっかりシューアイス感覚でいただけます。

—————–
この記事はベルメゾンでお取り寄せをした事を書いています。が現在ベルメゾンではお取り寄せできず、エスト・ローヤルさんのサイトでお取り寄せが可能です。そのためお取り寄せ時のパッケージもドーム型ではなく個装ビニールに変更になっています。

お取り寄せはこちら ⇒ 神戸南京町エストローヤル>シュー・ア・ラ・グラッセ

 

広告