和歌山プレミア×おとりよせネット 「いま食べたい、“紀州”和歌山のおいしいもの秋の夜長に食べたい6選」に参加です。

wakayama

お知らせです♪

おとりよせネットさん×プレミア和歌山さんの企画に参加させていただいたページが公開になりました。私も、最近よく利用してお得にお取り寄せしている「ふるさと割」。30パーセント引きで地域の物産をお取り寄せすることができます。
更に、今回このお取り寄せネットから申し込むと限定クーポン利用でさらに10パーセント引きになります!

今回、本当に商品のセレクトからさせていただきました。
たくさんある和歌山の物産の中から私が食べたいな、和歌山らしいなと感じる美味しいもの6個を「選んで・食べて」ご紹介しています。

和歌山は私にとってこんな「ふるさと」の思い出があります。

和歌山県は私にとって、唯一「夏休みの田舎の思い出」がある場所です。
私も母も兵庫県芦屋市生まれ育ち、母の祖母も兵庫県生まれ育ちで芦屋にお嫁にきて、父方も、父もお隣の神戸生まれ育ちという、環境で夏休み明け作文で「田舎のおばあちゃんちにいった」とか聞くのが羨ましかった小学生の頃、私だけでなく、母も田舎の思い出がないので、たまたま近所の母のお習字の先生がご夫婦で和歌山のおばあちゃんちに帰る話を聞いて行きたくなった母が「私もついていきたい。娘もいいかな?」と今考えれば、なぜそこについていく?と思うんですけれど。

快く即答で「一緒に帰ろう!」といってくれて、親子で自然いっぱいの絵にかいたような「おばあちゃんのおうち」でまたその親戚の方々も他の孫たちも集まりその中に入れてもらい、「突然お盆にやってきた、他人の親子」をわけへだてなく、他人なのに「孫のひとり」として楽しく遊んでもらった思い出があります。おばあちゃんのお隣近所の方にも良くしていただきました。

おうちの目の前が古座川で川で遊んだり、アヒルが流れてきたり。
スイカたべたり、スコールにあってずぶぬれになったり、「雨がやってきて去っていく」のを初めて目で見てびっくりしたこと。
午後には、ご先祖様の写真がずらっと並んだ広間でみんなでタオルケットで昼寝したり、みんなで宿題したり、母が作ったカレーをみんなで食べたり、畑にいったり。朝は、連れて行ってくれたお習字の先生の長唄が朝もやの山々に広がっていて・・・。

串本でみて「あ・・本当に地球って丸いんだ!!!」って感じた海、動物は夏バテ、イルカは途中で機嫌を損ね勝手にかえってしまいショーが中止になったアドベンチャーワールド。母が無邪気に笑う顔。ほんとに阪神間から出たことのない母、電車にもまともに乗れない母にとっても大冒険だったと思います。
ほとんど冠婚葬祭しか親戚と会わない家庭だったので、その映画のような数日間は今でも記憶に残っています。
母が「めはり寿司」をとても気に入ってしまい、帰ってきてからも何度も食卓にあがったこと・・・。

帰ってきても、ずっと私を気にかけてくれて、母を気にかけてくれて。「またいつでも帰っておいで!」って。
大人になると、その懐の大きさと、母の無邪気さに気づかされます。

専門学校の時の親友も、お友達も、大人になってからできたお友達も和歌山出身の友達が数人いるんですが、みんなとっても、優しく強く、逞しく。子供心に感じた和歌山の人の気さくさとか優しさとか、優しくもあり厳しくもある自然とともに家族ぐるみで農家をしていたり・・。
漠然とですが、私の中で和歌山のそんなイメージがあります。

今回選ばせていただいたものたちは、本当どれもシンプルで素材の味や良さを大事にしたものばかりで、頂ながらその頃の自分や、友人たちの顔を浮かべながら和歌山に思いを馳せる特別な時間になりました。

和歌山にしかないもの、日本に生まれてよかったと思えるもの・・・そして私の知らなかった和歌山の「美味しい」などなど。
この企画、あと2回続きます。
他のお二人が何を選んだのかがとっても私も楽しみです。

和歌山が故郷の方も、和歌山にご旅行に行った楽しい思い出がある方も、和歌山の美味しいものが気になる方も是非ご覧くださいね♪
海の幸、山の幸、お肉にお魚にお野菜にスイーツ・・・ほんと和歌山って食が豊富です。
そしてお取り寄せされる時には、おとりよせネットのクーポンもお忘れなく♪

広告