東京から日帰りで行ける離島「初島」青い空と青い海。何もしないを楽しむリゾート。

自然から離れた場所にお住まいのみなさん。
突然「島に行きたい!」とか思ったりしませんか?
早起きできた日起きてカーテンを開けてみたらびっくりする位の青空だった時とか。
思い立ったらすぐ行ける島。
朝起きて計画を立てても間に合います。それが静岡県熱海市にある「初島」
今回、そんな初島に行かせていただいたのでそのレポートをお届けします。

静岡県熱海市初島

都心から最短で2時間あったらいける離島「初島」は温暖な気候で一足先に春の訪れ。

東京駅から新幹線ひかりで37分で熱海。
新幹線を使わなくても、東海道本線にのれば110分で到着します。
熱海駅からは路線バスが出てるのでそれに乗れば15分で熱海港に到着です。

熱海港からは高速船が毎日9便運航中。カモメと戯れる30分間。

乗船は予約制ではなく先着順なので少し早めに行ってチケット入手がおすすめです。
お土産屋さんもあって退屈はしません。
「カモメも好き」と書かれたかっぱえびせんも購入。

車や電車には、絶対酔わない私ですが船は若いころに台風の大荒れで十時間くらい苦しめられて以来酔い止め必須に。
しかし人懐っこいカモメと戯れているいるうちにあっという間に時間が過ぎていって酔う暇はありませんでした。

カモメはこんな風に観光客に餌付けされているのでとても人懐っこいです。
船の中にカモメを入れないためにエサは甲板から外へ投げてくださいと言われますが、かっぱえびせん持っているだけでぐいぐいやってくるのでなかなか難しいです。
でもとにかくかわいい!

私が緑のコートだったせいで島ぽかったのかわかりませんが、肩に乗ったり頭にも何度も乗られ…楽しくて。

カモメの群れは島まで一緒に飛んできます。
すごい数なので、もし鳥が苦手な方がいたら早めに客室にいかれたほうがいいと思います。
青い空にまっしろのカモメが至近距離で見れて感動しました。
カモメの群れのなかに自分も入ったらこんな感じかな?


世代がバレますが、子供のころ夢中で見てた、鳥の群れと一緒に旅をする「ニルスの不思議な旅」を思い出したり。

初島に来たら新鮮な海鮮丼。どこで食べる?

初島は、1時間くらいでぐるっと回れるくらいの小さな離島です。島に降り立ったらすぐのところに漁師さんたちが営む食堂がずらりと並んでいます。
どのお店も初島周辺でとれた珍しい魚や新鮮な魚介のお料理がたくさん!
ちょうどグルメイベント「丼合戦」を開催中(3月16日まで)でしたのでその中から、選んでも楽しいです。同行された方の中には2.3件回られていた方もいたのでまさしく食べ比べ「合戦」してみても楽しいと思います。17店舗のお店がどれぞれイチオシの海鮮丼を提供しています。

磯料理 すみ 「しま丼」

私が選んだのは、すみさんの「しま丼」にしました。
このあたりでしか取れないタカベというお魚をはじめ、珍しい生のはばのり、色が鮮やかな桜エビなどなど…ボリュームもたっぷりで堪能しました。どれも新鮮で弾力が違う!

お腹いっぱいになったら初島を歩いてのんびり散策がおすすめ。

初島アイランドリゾートで島時間をたっぷり宿泊する方はもちろん、日帰りでも施設内のカフェやアスレチック、バーベキューなど様々な「島時間」を楽しむアクティビティが用意されています。島=夏というイメージをもし持っていたらぜひぜひそれは払拭していただきたいなと。
マリンスポーツももちろん楽しい夏ですが、それ以外の島時間は本当にゆったり。
お腹いっぱいになたらアジアンガーデンR-Asiaでのんびり過ごすのがおすすめです。また島も周囲もぐるっと回っても1時間程度で回れてしまうのでお散歩がてら歩いてもいいですね。

南国の雰囲気たっぷりの中でぼーっとしたりハンモックにゆらゆらしてみたり。

季節ごとに咲く花を愛でてみたり。

カフェでは、南国の雰囲気のスイーツやカフェご飯も食べられます。
写真はバナナ春巻きとこの日は少し肌寒かったのでホットのカルアミルク。アルコールの種類も豊富で特に女性に楽しいカクテルもたくさんあります。アルコールも多めとか少な目とかある程度は対応していただけるのも嬉しいところ。
普段あまりお酒は強くないという方も、ぜひせっかくの青い空の下のんびりと軽く一杯なんて言うのも素敵ですね

リゾート!という雰囲気の景色も楽しめる一方、島をぐるっと回ればこんな日本の島らしい景色にも出会えます。
初島アイランドリゾートには、海水のスパがあったり、自然を利用したアスレチックなどもあります、アクティブ派ものんびり派も大満足できる島です。
まずは日帰りで、そして2度目は、キャンピングカーに泊まれる宿泊施設やロッジもあるので、夜は満点の星空を楽しみながら泊りがけでゆっくりさらに島時間を満喫するのがおすすめです。携帯の電波はもちろんつながりますが、Wi-Fiなどは飛んでいません。
都会に住んでいるとどこでも連絡が取れてどこでも仕事ができてしまう今。スタッフの方に「Wi-Fiはとんでないんですよ」と申し訳なさそうに説明を受けましたがそんな一見マイナス要因になりそうなことさえ、この中にいたらプラスと感じました。
ひとまず「Wi-Fiつながらないから」という理由でお仕事やゲームなどから少し離れる時間を持つというのもいいですよね。

島のせいにしちゃってとことんリラックスしちゃいましょう。
実際に行かないと感じられない空気や風、海のにおいそんな「目に見えないもの」に包まれてひたすらゆったり過ごす素敵な島でした。

離島ということもあって島までは高速船、時間も決まっています。
帰りの船の時間はチェックしておいてくださいね。

初島に行くなら富士急「お得なクーポンがセットになったセット」券が断然お得!

同じ行くならぜひ、富士急が発行する合戦ミールクーポンとフェリー往復券がセットになったお得なプランも発売中です。
リゾート感あふれるアジアンガーデンもカフェがあったりのんびりハンモックが楽しめたり「何もしない」ことを満喫できるスペースですので個人的にはアジアンガーデン入場券がおすすめです。

◎丼合戦券セット(初島フェリー往復券+丼合戦クーポン)
お好きな店舗で丼合戦「オリジナル丼」が楽しめるミールクーポン(1,200円分)と熱海港~初島間の往復乗船券がセットになったチケットです。大人:定価 3,410円⇒3,280円 小人:定価 2,310円⇒2,240円

◎丼合戦券セットとアジアンガーデン入園セット 
初島丼合戦セットに、南国の花が咲き乱れる「アジアンガーデン」の入園料もセットになったお得チケット!! 大人:定価 4,040円⇒3,910円 小人:定価 2,640円⇒2,570円

>>初島公式サイトはこちら

関連記事

  1. 横浜髙島屋、屋上ビアガーデン「ファーマーズビアガーデン」2017

  2. 東京神保町に新しい商業施設「テラススクエア」大人のための個性的な食と発想の空間

  3. サントリーさん主催「モルト&ショコラ マリアージュ講座」(ショコラ講座編)

  4. 滋賀の美味しいもの発見、日本橋高島屋「琵琶湖夢街道 大近江展」3月14日まで

  5. フランス レストランウィーク2017、県として鳥取県も食材を提供。2500円でフレンチが楽しめる17日間

  6. 毎年完売!ディズニーファン納得のベルメゾンのディズニーキャラクターおせち。プーさんとミッキーバージョン。

  7. 鳥取県は星取県に。期間限定「星もとろけるスターパフェ」

  8. 【PR】ベイシア、新潟県産もち米「わたぼうし」100%。もち米の味が楽しめる揚げかきもち(塩味・しょうゆ味)

  9. クオカ×カッシーナ・イクスシー「冬のおもてなしイタリアン&テーブルコーディネート」レッスン

  1. 【2019年度】お正月のおせち「婦人画報のおせち」ひとあし先に試食…

    2018.10.02

  2. 美味しい焼き豚のお取り寄せなら、尾島商店の「濱吟焼豚」がおすす…

    2018.08.14

  3. 京都のだしのきいたうどん!薬味までセット「富美家」しっぽくうどん

    2018.07.17

  4. 失敗知らずで美味しい♪北海道お取り寄せシュークリームセット(キッ…

    2018.07.13

  5. 干し椎茸の旨味がぎゅうっと詰まった椎茸パテ 宮崎県美郷町岡田商店

    2018.02.10

  6. クリスマス猫!和菓子処 稲豊園、招福・猫子(ねこ)まんじゅう Xma…

    2017.12.20

  7. 美味しい豚肉ならハム工房ぐろーばる【群馬】和豚もちぶた!

    2017.08.01

  8. 京都日本料理の名店櫻川の「牛肉ちりめん」はご飯のおかわり必須

    2017.06.26

  9. はちみつスイーツは専門店!生はちみつ専門店ピービーズ(PBees)濃…

    2017.06.06

  10. 熊本、明るい農村天水のみかんチップス、みかんよりみかん!?

    2017.06.06

  1. この秋食べたい「いも・くり・なんきん」お取り寄せスイーツ12選

    2015.10.13

  2. 茨城県のかぼちゃの産地から「かぼちゃ×ホワイトチョコレート 瓜」…

    2015.10.13

  3. 甘栗といえば京都の甘栗の老舗「林万昌堂」の袋入りの甘栗

    2015.10.12

  4. えぼし人気のスイーツ 「南瓜ぷりん」濃厚なかぼちゃプリン

    2015.10.10

  5. 北海道のお取り寄せ スイートポテト「釜焼きポテト」ボリュームた…

    2015.09.22

新着記事

Profile

お取り寄せ生活研究家aiko*
料理研究家の母に食べる楽しみや大切さを学ぶ。「お取り寄せは、美味しい思い出を作り幸せな記憶に再び出会う鍵」がモットー。ブログを中心にメディアで活動中。お仕事依頼・ご相談はお気軽にどうぞ♪

自己紹介 お仕事依頼・問い合わせ