【お弁当】私はお弁当が食べられない子供でした。

 

555-2011-05-31_08-35-23.jpg

 

今日から旦那さんにお弁当を再開。

と言っても、毎日かどうかはまだ不明だけれど、私は料理のなかでお弁当づくりが好きです。
でも・・・
私、幼稚園の頃お弁当が食べられなかったのです。
今では信じられないといわれるけれど、本当に食が細いというか好き嫌いがあったり、
みんなでゴハンとか、最後になっちゃったらどうしようと思うともう食べられなくて。
お弁当とか、給食とか、お友達のおうちでご飯とか恐怖の時間でした。

そんな私のために母は毎日一生懸命、どうやってこんなちいさなの?っておもうくらいのカラフルなお弁当を作ってくれたり、友達のおかーさんが作ってくれたりしたんだけれど。
それでも、無理でした。

半分位しか食べられないし、(それも泣きながら)
友達のおかあさんの作ったお弁当は、いつもの味と違うから食べられないし。
第一、ごはんにちょっとでもおかずの色がついていたり、例えばプチトマトに佃煮の味がついてたり?そんなことが最大の「無理!」だったんですよね。
それに、「一番最後まで食べ残してる子は誰かな?」と言われるたびもうパニックで。

蓋を開けた時に、オレンジがちょっとよっちゃっておかずのテリトリーにお邪魔してるのを見ただけでもうそこから固まってしまう子でした。

なんで・・ごはんがオレンジの味するの?って。
なんでごはんとかおかずつめたいの?って
おかず食べたお箸でオレンジたべるの?

「お前はお嬢様か!」と今になっては笑い話ですが・・・。
基本的に、みんなで一緒にせーので初めて楽しく同じくらいの時間に終了しなくちゃいけない空気が合わなかったみたいです。

小学校にあがったら、もう・・・給食の時間って自分たちで入れるからへんてこなことになるじゃないですか?それも我慢できなかったし。親友が、隣の クラスから私の嫌いなものが入ってるとこっそり食べに来てくれて見つかって怒られて、それからは隣の席の女の子がたべてくれたり。
三角食べとかあったじゃないですか?あれも理解できなかったんですよね。
なんでご飯と牛乳一緒になの?って。
目の前で男の子がふざけて牛乳吹き出した日にはもう・・・・。

私ですか?もちろん牛乳は最後にいっきのみです。(ビンの牛乳は一回口を離すともうだめでした)

3年生頃になってガールスカウトに入ってキャンプにいったり、小学校の給食が、給食センターじゃなくてほとんど学校で作っていてパンも焼いてて、美味しくて有名な学校だったこともあって突然目覚めて。
「卒業までにあのでっかい40人分のボールに入ったプリンを一人で食べたい」とか叶う訳もない夢を抱いてニヤニヤしてたりしました。

話がそれましたが、とにかくすごく母に迷惑をかけた問題児だったわけで。
大人になってそれが分かったんですよね。どれだけお弁当のなかに愛情や願いが込められてたか。どれだけ母の生徒さんたちの子供たちが食べたがったか。そのお弁当を残して帰った時に多分すごく残念そうな気持ちだったんろうなって。

お弁当って、ラブレターのようなものだとおもっています。
食べるときには、作り手はいないわけですから。
今日も頑張ってね。あと半日元気で過ごしてねって。
応援メッセージのような気持ちで作っています。
そして空っぽのお弁当は、それの返事というか。

というわけで自分へのお弁当はどうでもいいけれど、人につくるお弁当が大好きです。
人のお弁当も大好きで。今NHKでやっている「サラメシ」とかクウネルのお弁当のページとか大好きです。

後片付けと時間を気にしなくていいなら、一日中いろんなお弁当を作り続けたいくらいです。

大人になった今は、ご飯にしみたおかずが美味しいなっておもっちゃったりもするんですよね。
そんなわけで。今もお弁当をつくるたびに心はほわっとなって幸せな記憶が蘇ります。

 

 

広告