注目キーワード
  1. お取り寄せ
  2. グルメ
  3. スイーツ

オー・ボン・サンドイッチ ビゴでフランスパンのシンプルサンドイッチを堪能しました。

芦屋のパン屋さんといえば、ビゴですが、こちらはJR芦屋の駅の北側にあるビゴのサンドイッチ屋さん。
オー・ボン・サンドイッチ・ビゴ。 ビゴは古い古いパン屋さんですが、こちらは今流行の「白いカフェ」ぽい内装。

オー・ボン・サンドイッチ ビゴ (オ・ボン・サンドウィッチビゴ)

朝早くにひとりで利用したんですが、早く行きすぎたせいかお客さんどころか、パンもあまりない状態でした・・・・
今度は少し余裕を持っていこうと思います。

オー・ボン・サンドイッチ ビゴ (オ・ボン・サンドウィッチビゴ)

お店の中はこんな感じ、少しですが店内でも食べられるようになっています。 真っ白のイスに真っ白のテーブル・・なんだか寝ぼけた頭もしゃき!っとします。
席についてしばらくしたら続々とパンが出てきたんですが、私がレジにいた時はあまり選択するものがなくこれ、シンプルにチーズとバターです。

でもいいんです!私にとってビゴは、「フランパン」のお店。 私の体の中のフランスパンは、ほとんどがビゴだといっても過言ではないくらいです。父は、「口の中が切れる・・・・」といっていましたが、わが家の休日は、「フランスパン買ってきて!」と言われ私がビゴにフランスパンを買いに行くことから始まっていたくらいなじんだ味です。少し硬めの皮の部分と中のもちもちした食感が「やっぱりこの味!」 だったりします。懐かしく安心できる味です。いつまでも変わらないでいてほしいなと思います。

オー・ボン・サンドイッチ ビゴ (オ・ボン・サンドウィッチビゴ)

一緒に飲んだのがヴィシソワーズです。
冷たい生クリームがたっぷりのじゃがいものスープです。 今回数日前に新幹線の中でもヴィシソワーズを飲んだのですがこっちの方が好き♪ なかなか家で作る機会もないので見つけ次第オーダーの日々が続いています。
かえる頃にはずらっと色とりどりのサンドイッチが並び、横浜にも持って帰りたいなと思ったのですが、お店の方に相談すると夜まで持ち歩きは心配だということで、今度また、直でかえるときに買って帰りたいなと思います。

横浜にも今住んでいる隣の駅に直営ではないのですが、ビゴがあるのですが、よく利用しています。
ビゴならではの、バターたっぷりカロリー控えめが好まれる時代に逆行してるようなバターたっぷり、フルーツがたくさん載ったデニッシュは、だんなさんも大好きなんです。
トレイに4.5個の載せるだけで、結構な値段がするのですが、それでもビゴのパンは特別なような気がします。

でもお惣菜パンが多く、このフランスパンを使ったサンドイッチがこれだけ並ぶのはやっぱり専門店ならではですよね。
今回はひとりだったので今度は友達と行ってみたいと思います。

---------

  • お店:オー・ボン・サンドイッチ ビゴ@芦屋
  • 住所:兵庫県芦屋市大原町12-28 ロザンカン 1F
  • 最寄駅:JR芦屋駅
  • 電話番号:0797-34-1268
  • 営業時間:7:00~19:30 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
  • お休み:月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 詳細:http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28006320/
兵庫県芦屋市大原町12-28
広告
Instagramやってます。

全体はこちら \Follow Me/

カフェ・旅・ヨリミチはこちら \Follow Me/

最新情報をチェックしよう!